/



/

//

G3/G4 アップグレードに関する質問


Q

Sonnet Crescendo/ST G4 1.25GMHz(P/N: SG4-1200-2M-J) を使用していますが、Apple プロフィールでは「CPU 不明 動作周波数 650MHz」と表示します。(2003.4.20)

A

Crescendo/ST は新型のPowerPC G4 CPUを採用しているため、アップルプロフィールが正しく認識しません。Sonnet 社の Metronome の最新バージョンを使えば、正しい動作周波数を表示します。

/

Q

青白PowerMac G3にSonnet Crescendo(米国名 Encore)/ZIF G4 500MHz (P/N: EG4-500-1M-J)カードを装着するために、添付CDで Firmwareを正常にアップデータした後、G4 CPU を取り付けたら、起動音がなく、起動しません。もっとのG3 CPU に戻っても同じ現象で起動しません。(2003.4.10)

A

2時間(場合によって、2,3日間)ほどPRAM バックアップ電池と電源コードを外してください。そしてロジックボード上のリセットボタンを1分間ほど押します。もとのCPUで立ち上げるはずです。だめの場合、繰り返しやってみてください。

/

Q

PowerMac 7200/90にSonnet Tempo ATA-133 カードとCrescendo/7200 G3 500MHz カードを装着しています。Tempo ATA-133 カードに接続している ATAPI ハードディスクから起動すると途中にフリーズします。原因は何でしょうか。(2003.2.2)

A

最新のドライバー「Crescendo 7200 Ins 1.1d5.sit」をダウンロードすれば、この問題を解決します。β版ですので、自分責任で使ってください。正式版出るまでにこのバージョンについてメーカーに問い合わせないでください。

/

Q

Sonnet のウェブサイトに"A"リビジョン(シリアル番号 Axxxx) PM7200シリーズ用 G3 カードをリコールしていますが、私購入した MG3-500-1M (Axxxx)もリコール品でしょうか。(2002.12.24)

A

ホームページの表記が誤解を招きやすいのですが、互換性が悪いのはMG3-400-512とMG3-400-1MのAxxxx リビジョンです。MG3-500-1MのAxxxxリビジョンは問題ありません。リコール対象にはなっていません。ちなみに、400MHzのリビジョンAは2年前くらいの製造のものです。

/

Q

Tempo Trio の対応機種について、Sonnet 社の英語サイトと日本語のパンフレットにはPowerMac 6500 はサポート機種ですが、日本語サイトと日本語版製品の箱には書いていません。サポート機種でしょうか。(2002.12.24)

A

サポート機種です。日本語サイトに表記していないのは、日本では6500は販売されなかったからだとおもいます。

/

Q

ZIFタイプのG4カードを考えっています。Sonnet のG4/500MHzとPowerLogixのG4/550MHzはどちらがいいですか。(2002.12.8)

A

Sonnet の EG4-500-1M は2次キャッシュ動作周波数が250MHzです。PowerLogixのPowerForce ZIF G4/550MHz の2次キャッシュ動作周波数が220MHzです。さらに、ベージュG3の場合、CPUの動作周波数が533MHzですので、具体的な比較資料がないですが、性能的には互角だと思います。

/

Q

Sonnet Crescendo/WS G4 500MHz/1M を 使っています。正常に動作していますが、「Disk First Aid」でドライブを検査すると、軽度のエラー出ます。「修復」をクリックすると、「MountCheck」などエラーが逆に多くなります。場合によって、修復途中でコンピュータがフリーズします。(2002.11.23)

A

最新の「Crescendo_WS updater 1.2.2b1」をダウンロードすれば、この問題を解決します。但し、β版ですので、自分責任で使ってください。正式版出るまでにこのバージョンについてメーカーに問い合わせないでください。

/

Q

Sonnet Crescendo/ST G4 800MHz/2M を 使っていますが、MacOS 10.2の場合、動作不安定と言われていますが、ほんとうですか。(2002.11.19)

A

メーカーの連絡によりますと、最初出荷ロート(シリアル番号 Axxxx)が確かにこの問題が存在しました。すぐ出荷止めて、リコールしましたため、市場にあまり出ませんでした。その後、出荷したものは改良品でこの問題がございません。もし弊社の保証書が付いた初期ロット商品を購入した場合、最新版に交換しますので、ご連絡ください。

/

Q

Sonnet Crescendo/ST G4 1000MHz/2M を 使っていますが、MacOS 9.2 〜MacOS X 10.1なら問題なく動作しますが、MacOS 10.2の場合、キーボードの入力できなかったり、マウスポイントがなくなったりするなど、動作が不安定です。これはカードの不良でしょうか。(2002.10.31)

A

新しいCPUを装着したままの状態で、MacOS X を再インストールしてください。以上の問題を解決します。その他に、ハードディスクとメモリに問題がないかチェックしてください。

/

Q

Sonnet Crescendo/PCI G4 800MHz/1M を 使っていますが、MacOS 10.2 から クラシック環境のMacOS 9を起動できません。一瞬ウインドが開きますが、すぐ閉じてしまいます。MacOS 10.1ならこの問題がありません。(2002.9.25)

A

最新の「Sonnet X Tune-up 1.2.6b1」をダウンロードすれば、この問題を解決します。但し、まだβ版で自分責任で使ってください。正式版出るまでにこのバージョンについてメーカーに問い合わせないでください。

/

Q

Sonnet Crescendo/Nubus G3 500MHz/1M を 考えていますが、ほんとうに 500MHz のスピードが出ますか。(2002.9.15)

A

すべてのアップグレードカードと同じように、CPU の演算速度はそのとおりになりますが、
ビデオカード、ハードディスクなどCPUまわりの部品の関係で、体感速度は最新仕様のG3/500MHzマシンと同等になりません。Sonnetのウェブサイトには旧 PCI PowerMacとPowerMac G3シリーズに ATI RADEON 7000 PCI ビデオカードを推薦しています。G3/G4カードでアップグレードすると同時に、高速のビデオカード、ATA-133カードなど取り付けると、最新仕様のマシンとほどんど変わらなくなったため、かなり高速の動作が期待できます。

/

Q

Sonnet Crescendo/PCI G4 800MHz/1M を 使用していますが、アップルシステムプロフィルでは 「CPU 型番不明」と「450MHz」を表示します。製品不良ですか。(2002.9.15)

A

いいえ。アップルシステムプロフィルは最新のCPUアップグレードカードに対応していないためです。添付した「メトロメ」 Ver. 2.0でチェックしてください。

/

Q

Sonnet Crescendo/WS G4 500MHz/1M を 購入しましたが、時間経つと、または負荷をかけると不安定になります。(2002.9.12)

A

今まで販売した分には 10 % ほど発熱で、時間が経つと、不安定になる現象が確認されました。また、インターネットでは「Powerlogix社のChasheProfilerを使用し、Backside Casheを
2:1(250Mhz)から、5:2(200Mhz)へと変更するとiTunesでは連続エンコード
可能になりました。
」という報告があります。このように、負荷を低減させることもひとつの方法です。
2002年10月下旬以後に出荷製品ではこの問題を解決しました。

/

Q

ベージュ PowerMac G3 に Sonnet Encore/ZIF G4 500MHz/1M と MacOS X 10.2を 使っています。MacOS 9 から MacOS X を起動ディスクとして選択したいですが、ディスクが現れません(2002.9.12)

A

メーカーのホームページから Sonnet X Tune-Up 1.2.5 をダウンロードしてください。この問題を解決します。

/

Q

Sonnet Crescendo/PCI G4 800MHz/1M を購入しましたが、パッキングリストにある"G4 PRAM Restore Disk" が入っていません。欠品でしょうか。(2002.9.12)

A

いいえ。そのディスクが不必要です。以前の機種と同じマニュアルを利用しているため、リストに入りました。

/

Q

APPLE PowerMacG4/733(Quick Silver) に Sonnet Tempo ATA-133 を入れています。MacOS X
10.2 でスリップから起きさせる場合、コンピュータが動作しますが、ハードディスクが回転しません。そのため、ハードディスクをアクセスすると、フリーズになってしまいます。(2002.9.10)

A

現在、この現象が複数報告されています。問題原因が調査中です。

/

Q

G3カードを入れると、頻繁にフリーズします。マニュアルに書いた対処方法を全部試しましたが、問題が解決しません。

A

CPU の温度が60度以上に超えたらフリーズしやいです。その原因がいろいろあります。例えば、本体の冷却ファンは故障で回転していないとか。必要に応じてヒートシンクにファンを付ける方法もあります。改造マシンにアルケーミロジックボードを使用する場合、3.3V 電源容量不足すると、フリーズします。メモリによってフリーズを起す場合もあります。メモリを多数使用する場合、全部外して、一本一本を入れてテストしてみてください。

/

/Q

Sonnet のG3カードでアップグレードした PowerBook 1400 を使って、PCフォーマットのフロッピーにファイルを書き込むと、そのフロッピーがWindowsマシンに認識されません。(2001/1/25)

A

現在、この現象が複数に報告されています。しかし、Sonnet 社ではまだこの現象を再現できません。(日本の3モードフロッピーの特別問題かもしれません)。したがって、すぐ解決できませんが、なるべく早く解決するように努力しています。

/

Q

Sonnet 社のPowerMac 7200 用G3カードで、3本のメモリスロットの内、1本にメモリを止めるロッカーが片方欠けています。これは製造不良ですか。(2001/1/25)

A

違います。欠けた方は物理的な原因でわざわざ外されしました。

/

/

Back to FAQ Index